関西生コン労組つぶしの弾圧を許さない東海の会

■ 会員募集中この会について  カンパ大歓迎!振込口座は→ この会について 

■ 関西生コン労組つぶしの弾圧を許さない東海の会NEWS → 右のボタンから。

 関生弾圧刑事事件 公判報告・公判予定など → 公判報告など

■ 2020年に提訴された国賠訴訟については → 関西生コン国賠訴訟

■ 全日建発行「関西生コン弾圧事件ニュース」 → 関西生コン弾圧事件ニュース



2022.10.23  映画とトークで考える 女性と労働組合 にご参加を

【第1部】 ドキュメンタリー映画上映

 『ここから-「関西生コン事件」と私たち-』

監督:土屋トカチ(「フツーの仕事がしたい」「アリ地獄天国」など労働をテーマとするドキュメンタリー作品で、日本、海外での各種の映画祭での受賞歴多数)

襲いかかる警察。つぎつぎに逮捕される組合員。ストライキやビラまきなど当たり前の労働組合活動が、日本ではいつから組織犯罪とされるようになったのか。無法地帯と化した生コン業界で、組合員という理由だけで仕事も奪われていく――。逮捕された組合員のべ81人、組合脱退者500人以上。戦後最大規模の組合弾圧事件=「関西生コン事件」は、仲間と家族を引き裂き、強さを誇った組合は壊滅的危機に陥った。だが、踏みとどまって、苦しみながら、もがきながら、ここから運動を立て直そうとする確かな胎動がある。関生支部の真実と現在を、ひとりの女性ドライバーを中心に描き出す。

【第2部】  関西生コン支部組合員からの報告と討論

松尾聖子さん(映画の主人公)

平田郁生さん (関生支部教育部長)

コーディネーター : 石田好江(当会共同代表、女性ユニオン名古屋)

 ★ビデオメッセージ: 大石あきこ 衆議院議員(れいわ新選組)、連帯労組組合員

 

  ◎参加費 1200円(経済的に困難な方はお申し出ください、考慮します)

ダウンロード
10・23チラシ.pdf
PDFファイル 1'016.4 KB


2022.9.13  大津地裁

コンプライアンス事件論告求刑

   

    → 公判報告など



2022.9.1 

関西生コン労組つぶしの弾圧を許さない東海の会NEWS No12 発行しました。

          東海の会NEWS


2022.7.31 関西生コン労組弾圧を許さない東海の会4周年総会

70名が結集し、活発な討論

 第4回総会の議事の後『参議院選挙の結果と今後の反弾圧の闘い』をテーマに、共同代表の熊沢誠名誉教授と中谷雄二弁護士、大椿裕子氏(大阪教育合同・社民党副党首)、すがや竜氏(元郵政労働者・れいわ新選組豊橋)、細野直也関生支部書記長のパネルディスカッションと会場からの討論が行われました。

  総会と討論集会の報告は → お知らせ・報告



5・28関生総決起集会 400名が結集

 

 2022年5月28日、久しぶりに関西生コン支部が主催して、総決起集会とデモが行われました。全国から労働者・市民が駆け付け、関生支部組合員の報告に耳を傾け、夜のデモに参加しました。

「~東海の会」からも7名が参加しました。

     

        → 各地で上がる声・動き

 



   裁判所は、あたりまえの組合活動を犯罪にするな!

     関西生コン・ストライキ弾圧第1次事件

 大阪高裁の控訴棄却の不当判決を弾劾する!

 

 2022年5月23日、大阪高裁は、関生スト(17年12月)弾圧第1次(現場)事件につき、控訴棄却の不当判決を下した。当該組合員はじめ関生支部と結集した支援は、「今後も憲法と労働法で認められたストライキをやっていく」と強い決意をうち固めた。    → 公判報告など

<参照> 連帯広報委員会

「関西生コン・ストライキ弾圧第1次事件、控訴棄却の不当判決弾劾!」

     http://rentai-union.net/archives/9880 



2022.4.1 

関西生コン労組つぶしの弾圧を許さない東海の会NEWS No11 発行しました。

          東海の会NEWS


2022.3・20 約70名参加!

 関生支部組合員との学習交流集会

 

  → お知らせ・報告

 



2022年1月31日、大阪労働者弁護団が声明を発表

「国家権力による不当労働行為に抗議し労働者の権利を護るための声明」 

 

大阪労働者弁護団は、1月31日、緊急のオンラインシンポジウムを開催し、声明を発表しました。

大阪労働者弁護団 https://www.lalaosaka.com/

 ≫ アピール・声明 https://www.lalaosaka.com/appeal

  ≫ 国家権力による不当労働行為に抗議し労働者の権利を護るための声明

    https://www.lalaosaka.com/_files/ugd/68e83b_384c160f565c402f896d937e3ed197c2.pdf

 

 特に、今般、大津地裁の公判で明らかになった検察官による労組脱退の強要を取り上げ、「国家権力の担い手である検察官が、恥ずかしげもなく権力を濫用して、憲法 28 条によって全ての国民に保障されている団結権を侵害する行為を行っていたことが明らかになった」と厳しく批判しています。

 傍聴席でのメモによる労組脱退強要の様子は右のPDFをご覧下さい。

 

ダウンロード
検察官の労組脱退強要.pdf
PDFファイル 188.0 KB


竹信三恵子著「賃金破壊―労働運動を「犯罪」にする国

 

 大きな反響を呼び、書評もたくさん出ました。増刷されています。

 以下の動画も好評です。

 

デモクラシータイムス

《池田香代子の世界を変える100人の働き人60人目》

労働運動を<犯罪>にする国   竹信三恵子さん 

 https://www.youtube.com/watch?v=RvlgU2ymfVU&t=1860s

 



 

2022年 元旦行動に400人!  

                        →  各地で上がる声・動き

                     →  関西生コン弾圧事件ニュース 66号



2021.12・13【無罪判決勝ち取る!】 

       村田商事(加茂生コン)事件 大阪高裁      

 

      → 公判報告など

 連帯広報委員会のレポート http://rentai-union.net/archives/8332



2021.12.12全国同時アクション「弾圧をはねのけろ」

  

《12・12「弾圧をはねのけろ」全国同時アクション》は全国6カ所で同時に行われました。当会も、名古屋でスタンディング&トークアピールを行いました。

        ⇒ お知らせ・報告



2021.12.1 

関西生コン労組つぶしの弾圧を許さない東海の会NEWS No10 発行しました。

          東海の会NEWS


永嶋靖久弁護士講演録「関生弾圧の狙いと裁判の現状」発刊

 当会は、2021年9月25日に、弁護団の中心を担って奮闘してきた永嶋弁護士によるオンライン講演会を行いました。永嶋弁護士は、早くから関生支部弾圧を労働運動と社会運動への攻撃と捉えて、弾圧と闘って来られました。関生労組の運動の意義を説き起こし、そこにかけられた弾圧の構造と本質を丁寧に解説して下さっています。その講演録を発刊しました。講演で使われた図版なども入れて、理解しやすいものとしています。是非お読み下さい。

  ★ A4判 本文14頁。 頒価:1冊200円

  ★ おまとめご購入の場合

・5冊以上=送料無料

・10冊以上(10冊単位でお願いします)=8掛け&送料無料

・50冊以上(50冊単位でお願いします)=7掛け&送料無料

  ご注文方法

冊数、お名前(団体名)、送付先、連絡先を明記してお申し込みを。

① ファクス: 052-262-7062(右のチラシの注文票をご利用下さい)

② Email:このHP お問い合わせフォームから又は kannamatokai@gmail.com

★ お支払い方法

郵送でお送りした場合、「ご請求書(振込先口座記載)」を同封しますので、

お振り込み下さい。直接手渡しの場合は、現金引き替えにてお願いいたします。

詳しくは右のチラシをご覧下さい。)

 

なお、9・25の永嶋弁護士の学習会の様子、及び動画視聴については

   → お知らせ・報告 

ダウンロード
永嶋弁護士講演録チラシ.pdf
PDFファイル 258.3 KB


2021.10.10  関西生コン第57回定期大会】湯川裕司 ・新委員長を選出

        

2021年10月10日、関西地区生コン支部は第57 回定期大会を大阪市内で開催。 新たな執行委員長に湯川裕司さん(前副委員長) を選出した。半世紀にわたり組織を率いてきた武建一さんは今大会で勇退した。

詳しくは「関西生コン弾圧事件ニュース NO.60 」をご覧ください。 → 関西生コン弾圧事件ニュース


2021.7.20 

関西生コン労組つぶしの弾圧を許さない東海の会NEWS No9 発行しました。

          東海の会NEWS


【速報】7月13日 大阪地裁武建一委員長への判決

  -実刑を阻止、タイヨー生コン事件は無罪-

 

400人の座込み集会

 7月13日10時大阪地裁において、関西生コン労組事件・武建一委員長への判決があった。この裁判傍聴及び大阪地裁前公園での座り込み集会には、遠くは北海道から等、全国の支援者400名以上が参加した。”コロナ”を理由に、傍聴券は32枚しか発行されず、抽選には長蛇の列ができた。支援側は、権力と結託した大阪広域生コン協同組合側の動員300名弱を大きく凌駕した。

 抽選を終えて集会に戻ってから、各地・各団体からの連帯の挨拶、シュプレヒコールなどで、判決を待った。

★懲役3年・執行猶予5年、労働法を無視した不当判決、控訴審へ

 滋賀県のフジタの工事現場に対するコンプライアンス活動事件、2017年12月のセメントステーション等におけるストライキ事件、さらに、タイヨー生コンからの1000万円の会館建設カンパ「恐喝」事件について行われ、タイヨー生コン事件は無罪、その他について、懲役3年・執行猶予5年・未決換190日というものだった。

 この判決は、コンプライアンス活動を「恐喝未遂」とし、ストライキにおける平和的説得活動を「威力業務妨害」とし、それらについて、労組の委員長として「予想外のこととは認められず、想定の範囲内」であるから共謀共同正犯が成り立つとするデタラメなものだ。しかし、2018年から組合員等延べ89名を逮捕した異様なこの事件で、予想された委員長の実刑判決を阻止し、ひとつの事件の無罪判決を勝ち取ったことは大きな意味があり、この間の全国での支援の広がりの力を示すものであった。

★武委員長、400人の座込み集会参加者を前に力強く決意表明

  武委員長が元気な姿を見せて、挨拶と決意表明を行った。

 【動画】武委員長闘争継続宣言。 https://www.youtube.com/watch?v=-4r9nL2o6dg

 

 

※弁護団声明は「関西生コン弾圧事件ニュース」No57 に掲載されています 


関西生コン労組潰しの弾圧を許さない東海の会第3回総会&記念講演 

約90参加で新たな闘いの決意を共有 

 2021年7月4日、約90名の参加を得て、第3回総会を開催しました。関西生コンから、武建一委員長のビデオメッセージが寄せられ、武洋一書記長も足を運んで下さいました。京滋実行委員会、静岡の会、東京の会の方もおいでになって挨拶されました。記念講演は、竹信美恵子さんの「関生事件が左右するワーキングプアの将来」。権力側の巧みな「ダブルスピーク(言い換え)」のお話は、さすが言葉を”武器”にしてきたジャーナリストならではの鋭い切り口でした。  詳しくは → お知らせ・報告



2021.4.15 

関西生コン労組つぶしの弾圧を許さない東海の会NEWS No8 発行しました。

          東海の会NEWS


<速報>2021.3.15 大阪地裁 不当判決! 

 2017年12月の産別ストライキ現場への弾圧。「経営権」を至上とし、争議権を軽視・無視(極端に狭い解釈)して、関生支部の副委員長、執行委員、争議対策部員ら7人の各組合員へ、「威力業務妨害」と称して懲役1年6か月から2年、執行猶予3から4年のする不当判決。

→ 公判報告など     連帯広報委員会HP  



2021・2・23関西生コン労組弾圧問う!

学習会

 

「関西生コン刑事弾圧事件とドイツ労働争議法」

  講師:榊原嘉明さん(名古屋経済大学准教授)

 

リアル会場∔オンラインで50名以上が参加しました。大変中身の濃い学習会となりました。



2021.1.15 

関西生コン労組つぶしの弾圧を許さない東海の会NEWS No7 発行しました。

          東海の会NEWS


<速報>12・17 村田商事(加茂生コン)事件

   京都地裁 不当判決! 

 

◆ 京都地裁前 動画

 https://youtu.be/6GSoVaOpsBU   

  https://youtu.be/io13iDSflzw  

◆ 京都弁護士会館報告集会 動画

https://youtu.be/GoAOE_79gQY

関西生コン弾圧事件ニュース49号

◆ 連帯広報委員会

「裁判長はまちがっている。自分はまちがっていない。」

       http://rentai-union.net/archives/6083 



12・6 反権力と平和を歌う~映画「棘」上映&川口真由美さんLIVE  70名超参加

 映画「棘」上映と川口真由美さんのLIVEは、「コロナ」感染拡大の厳しい状況の中で行われました。主催者の予想を上回る70名超の参加がありました。

 

 写真や報告は → 報告(2020年まで)



2020.10.15 

関西生コン労組つぶしの弾圧を許さない東海の会NEWS No6 発行しました。

          東海の会NEWS


2020.10.8 関西生コン刑事事件初判決、全くの不当判決 ただちに控訴

10月8日、大阪地裁で判決。懲役2年6月、執行猶予5年。検察の求刑通り。産業別労働運動を否定・敵視する悪意のこもった判決です。ただちに控訴しました。

<参照>連帯広報委員会 http://rentai-union.net/archives/5705

 

11月3日付け抗議声明 http://rentai-union.net/archives/5811

  → 公判報告など にもアップ



2020.8.30 第2回講演&討論会

  -安田浩一さん講演-

 2020年8月30日、オンライン参加も含めて100名の参加で、第2回講演&討論会を行いました。

   → 報告(2020年まで)



2020.8.21 

関西生コン事件・国賠訴訟 第1回口頭弁論

 東京地裁で、第1回口頭弁論が開かれました。

 この日のレポート、及び「関西生コン事件・国賠訴訟の概要」

     → 関西生コン国賠訴訟



2020.6.21

   第2回総会を開催しました

 

 2020年6月21日、85名もの参加を得て、第2回総会を行いました。会費更新も多く進み、多額のカンパも集まりました。ご参加下さった方、本当にありがとうございます。

 

    総会の報告は   報告(2020年まで)  

ダウンロード
第2回総会決議文.pdf
PDFファイル 124.0 KB


《全員奪還!》

 武委員長、湯川副委員長、保釈

 

 5月29日深夜に武委員長が、6月1日夜に湯川副委員長が保釈されました。 「仲間を返せ!」の多くの声と行動で、保釈を勝ち取りました。武委員長は641日、湯川副委員長は644日、身柄拘束を受けていました。  憲法違反の保釈条件を撤廃させ、断固無罪を勝ち取って、「憲法28条つぶし、共謀罪のリハーサル」の目論見を叩き潰しましょう!

    → 関西生コン弾圧事件ニュース  No34、No35、No36 

全日本建設運輸連帯労働組合中央執行委員長、近畿地方本部執行委員長、関西地区生コン支部執行委員長(武 建一さん)連名の「御礼」メッセージ(PDFファイル)

 

ダウンロード
200605 御礼に代えて.pdf
PDFファイル 129.8 KB


2020.3.17 関西生コン労組が国賠訴訟を提訴 

                  → 関西生コン国賠訴訟


 2019.12.9  関西生コン事件についての労働法学会有志声明

 

声明文   組合活動に対する信じがたい刑事弾圧を見過ごすことはできない

 http://hatarakikata.net/modules/column/details.php?bid=641

    → 各地で上がる声・動き


2019.9・21 講演&討論会 120名が熱心に学習&討論 

 

 2019年9月21日、金山の労働会館東館ホールで「関西生コン労組つぶしの弾圧を許さない東海の会 講演&討論会」を開催、約120名が参加しました。第一部で、熊沢誠・甲南大学名誉教授が「存亡の危機に立つ労働組合運動と憲法28条― 関ナマ労組つぶしはなにを意味するか」と題する講演を行い、生活に深刻な影響を及ぼす事柄への当事者の決定権(少なくとも決定参加権)なくして民主主義は民主主義たりえない、財産も権力も政治家とのコネもないふつうの労働者にとって民主主義とは、労働三権が保障された労働組合運動であり、なかんずく「産業民主主義」であることを熱を込めて語られました。

 講演を受けて、第二部では、柿山朗共同代表をコーディネーターとして、質疑応答と討論が行われました。関西生コン労組からも、逮捕・起訴の弾圧を受けた労働者Nさんが参加し、「負けられない闘いを戦い抜く」決意を語られました。

 9月21日は、偶然にも講師の熊沢先生の81歳のお誕生日で、「~東海の会」から花束を贈呈。

 全体の会の終了後、懇親会を行いました。                  → 報告(2020年まで)


2019.6・29 結成総会 130名で盛大に

 

 参議院選挙公示直前の最後の土日とあって、同日同時間にたくさんの集会などが予定されており、関心をもって下さる方からも「どうしても行かれない」という連絡なども入って、若干集まりが心配されましたが、実際は、準備した資料が足りないほどの大盛会でした。 

  報告は → 報告(2020年まで)

 

関西生コン労組つぶしの弾圧を許さない東海の会

                       結成総会 声明

 結成総会の最後に「関西生コン労組つぶしの弾圧を許さない東海の会結成総会参加者一同」として声明を出しました。   (右PDF参照)

ダウンロード
結成総会声明.pdf
PDFファイル 134.7 KB