「関西生コン労組つぶしの弾圧を許さない東海の会」では、会員を募集しています。

 

 憲法28条を壊してはなりません。労働組合の「非合法化」に抗いましょう。「共謀罪型捜査」を許さない闘いをともに闘いましょう。日本に真の民主主義を育て、根付かせるために、是非あなたも会員になってください

2019年6月29日に結成総会を開催しました。

  報告は  → お知らせ・報告

 

会員募集中です。

会への加入案内、及び入会申し込みは右のPDFファイルをご覧ください。

ダウンロード
会への加入案内.pdf
PDFファイル 450.9 KB
ダウンロード
入会申し込み用紙.pdf
PDFファイル 272.3 KB


関西生コン労組つぶしの弾圧を許さない東海の会 会則

(名称)
1 この会は、「関西生コン労組つぶしの弾圧を許さない東海の会」と称する。
(目的) 
2 この会は、警察、検察、企業、レイシストなどが一体となって全日建運輸連帯労組関西生コン支部に対してかけている大弾圧に反対し、労組つぶしを許さず、被弾圧者を支援・連帯し、以て労働運動、市民運動全般を抑圧しようとする勢力の動きを跳ね返し、日本国憲法が保障する基本的人権を守り、実現することを目的とする。
(会員)
3 この会は、会の目的に賛同する個人・団体で構成する。
(会費)
4 年会費は1口1000円とし、個人会員は1口以上、団体会員は3口以上の年会費を納めるものとする。
(役員)
 5 役員として 共同代表(若干名)、事務局長(1名)、事務局次長(若干名)をおく。
(総会)
6 原則として年1回以上、総会を開催し、基本事項(会則の変更等を含む)を決定する。総会の招集は共同代表が行う。
(会の運営)
7 日常的な会の運営については、当面以下のように申し合わせる。
◇ 役員及び積極的に運営に関わる会員で運営委員会を構成する。運営委員会の招集は基本的に事務局長が行う。
◇ 事務局長、事務局次長及び運営委員で、日常的に発生する実務を分担する。
 (情報共有と発信)
 8 会に関する情報共有と発信は、以下のようにする。
◇ 運営委員会は、会員に対し、会の活動に関する情報・ニュースを届ける。
  情報・ニュースを届けるにあたっては、可能な限り、Eメールを活用する。
 ◇ 運営委員会は、ホームページを運営し、対外的情報発信を行う。
◇ 会員メーリングリストは、当初参加者のほかは、すでにメンバーとなっている者2名以上の推薦をもって登録する。
(会の活動)
 9 当面の活動として以下を行う。
(1)関西生コン労組への弾圧の実態を労働者、市民に知らせる
(2)市民団体、ユニオン(労働組合)、個人との連帯を広げ、会員を増やす
(3)秘密保護法や共謀罪の発動を許さない取り組み
(4)関西生コン労組弾圧に抗議する全国のグループと共同・連帯する
(5)関西生コン労働者の闘いをサポートする(裁判支援、署名、カンパなど)
(6)講演会、学習会、懇談会などの開催
(7)ニュース等の発行、ウエブサイトの運営
(8)その他必要とされる活動

(連絡先)
10 この会の連絡先は、以下とする。
 ◇ 名古屋共同法律事務所 気付
       TEL 052-262-7061   FAX:052-262-7062
       〒460-0011 名古屋市中区大須四丁目13番46号ウイストリアビル5階

(附則)
 この会則は、2019年6月29日から施行する。

 

役 員

【共同代表】    石田好江(愛知淑徳大学名誉教授)
                    大脇雅子(弁護士)
            柿山 朗(元全日本海員組合全国委員)
         熊沢 誠(甲南大学名誉教授)
                         中谷雄二(弁護士)
【事務局長】 近森泰彦(ユニオンと連帯する市民の会代表)
【事務局次長】植木日出男(ユニオンと連帯する市民の会事務局長)
                         林 翔太(弁護士)